東日本ユニオン東京地本

台風15号による輸送混乱などに関する申し入れ

「台風15号による輸送混乱などに関する申し入れ」を行う

東京地本は2019年9月26日、申第2号「台風15号による輸送混乱などに関する申し入れ」を東京支社に提出しました。

9月8日から9日にかけて関東地方に上陸した台風15号の影響により、9日午前8時までの全線運休やダイヤ混乱などがあり、JRを利用される多くのお客様にご迷惑をおかけけしました。

また、多くの組合員から企画部門と現場の意思疎通や情報の共有・提供などに関して改善を求める声が寄せられています。今回の事象を教訓として異常時対応体制強化・見直しを行わなければならないと考え以下の通り申し入れました。

「申し入れ内容」

1、「9月9日午前8時までの運休」を決定した事由を時間経過を含め、明らかにすること。
2、「9月9日午前8時までの運休」を決定してから、各現場への指示指令を時間経過も含め各業種別に明らかにすること。
3、運転再開に関して各現場に対する指示指令を明らかにすること。
4、支社より各現場への応援体制を明らかにすること。
5、支社からの指示指令は天候に十分に配慮すること。
6、相互乗り入れしている各私鉄との連携・情報交換を綿密に行うこと。
7、社員の緊急呼び出し体制などの訓練を行うこと。
8、台風15号の対応で、今後に活かす教訓は何か明らかにすること。
9、各駅・各職場並びにお客様の状況を丁寧に把握し、具体的対応を指示すること。

以上

<< 前のページに戻る

PageTop