東京地本エルダー協議会

エルダー組合員で組織する、エルダー協議会のページです。
会員数 2016年11月1日現在、43名

「エルダー社員制度の運用に関する申し入れ」団体交渉を行うNEW

2017年2月23日、本部は「エルダー社員制度の運用に関する申し入れ」について団体交渉を開催しました。

交渉内容は、「エルダー社員制度の運用に関する申し入れ」をご覧ください。

「エルダー社員制度の運用に関する申し入れ」を提出

エルダー制度は実施から8年を経ていますが、職種や勤務地等が本人希望とマッチせず、その結果離職せざるを得ない社員が後を絶ちません。
また、エルダー制度を希望した社員に対する「再雇用の流れ」に、さまざまな問題点があることが明らかになっています。

本部は2016年11月28日、組合員、社員が安心して利用できるエルダー社員制度とするために「エルダー社員制度の運用に関する申し入れ」を提出しました。

申し入れ内容は、「エルダー社員制度の運用に関する申し入れ」をご覧ください。

東京地本エルダー協議会第3回定期総会を開催しました。

2016年10月29日にエルダー協議会第3回定期総会が開催されました。
冒頭に中村事務長より開会の挨拶と、エルダー職場での問題点等が出され、今後の対策に向け行動していくことが提起されました。来賓として東京地本から斉藤執行副委員長と依田執行委員、退職者連絡会からは橋本会長が参加し、御祝いの挨拶をいただきました。

エルダー職場での問題点として何件か発言がありました。東京駅の京葉線改札で働く組合員からは、13時から20時まで中央線のライナー券売機保守等の仕事量が増えているのが現状である。また、駅では要員体制が今後減少する可能性があるなどの意見が出されました。
その後新役員を選出し、総会を終了しました。

エルダー社員制度の改善に向け、本部・本社間で団体交渉実施!

2015年12月18日、本部-本社間で団体交渉を行いました。より良い制度とすべく真剣な議論を行いましたが、経営側とは大きなかい離があることが明らかになりました。